external via @ichitaso

Welcome to the Underground World

B-CAS問題とダウンロード違法化の見解

B-CASの書き換えについて、なぜ記事にしたのか書いておこうと思う。
それは、実際に起きている事柄を表現の自由の下に書いた。

まず、誰でも分かりやすいように記事にするのは、自分自身が心がけていることで、決して多くの人に実行して欲しいと思って書いた訳ではない。

"有料放送を行っている放送局側がかなりの被害を受ける可能性があることや、書き換えを行ったカードに何らかの不具合が出るケースも考えられるので、くれぐれも参考程度に捉えてもらえば幸いです。"

このように最後に記したのはそのためで、メインブログのAboutにもあるように"当Blogで紹介したコンテンツによって生じたいかなる障害に、当Blogは責任を負いません。"として個人的な思想やTips、情報提供を第一に考えている。

また、"個人で運営しているため、コストを賄う目的でアフィリエイトアドセンスを掲載しております。"と記載しており、従来からの読者の方には理解して頂いてると考えている。

タイトルについて

タイトルを『B-CASカード書き換えでBS/CS有料放送を無料で視聴可能にする裏技』としたのは、現在の風潮でタイトルに惹かれて記事を見るのが主流となっているため、敢えて"アングラ感"を緩和させて付けてみたが、今となっては少しやりすぎたというのは認識している。

正直なところ、自分自身はテレビを殆ど見ないし、仮にテレビが大好きな状態だったとしても、わざわざリスクを犯してまでネット上に公開する必要は無い。

なぜ公開したか

冒頭にも書いたように、真実を詳細に伝えるのが、ネットメディアの本質だと考えているため。

また、アナログ放送時代には無かった『B-CAS社』という天下り利権団体によって、消費者が詳細も知らずに所謂契約金のようなものを支払っているという事実。コンテンツの保護を目的としているとのことだが、実際には有料・無料を問わず一つのカードで暗号化を行い、結果少し手を加えるだけで有料放送を行っている放送局側へ被害を及ぼさせる仕組みでできているという事実。NHK、有料放送などの契約にもB-CASナンバーを通じて個人情報を渡さなければならないようにしている事実。

これらの事について、何が正義であるか個人的に考察した結果、ブログというメディアに記載し公開したのが経緯である。

平成の龍馬さんについて

正直なところ、逮捕されるとは思っていなかった。

元々は@OishiiSlurper2chから始まったものが、その情報をまとめ公開していただけで逮捕されたのは理解に苦しむ。容疑も"不正な「B-CAS」カードを作成したなどとして、電磁的記録不正作出・同供用の疑いで逮捕した"とのことなので、他に何人の人が同じことを行なっているかを考えると見せしめとしか思えない。

B-CAS社(総務省)が法的な措置をとってでも、解決するというのがこういった結果だとますます不信感を覚える。そしてB-CAS社が、政治的な権力を持った天下り団体であることも確実になったかと思う。

ただ、自分の記事を無断転載したり、あまりにも目立ちすぎていたのは隠せないところではあったが、B-CAS社のみならず、そういった権力を利用して自分の財となす団体を暴こうとする姿勢は共感を得るものがある。

同じ理由であれば自分も逮捕される可能性は高く、そんなことで自分の周りの人に迷惑を掛けたくないと思っている。記事をすぐに消したのはそういった理由が大きい。

ダウンロード違法化について

DVDやCCCDリッピングの違法化、曖昧なダウンロードの違法化。
これらは逆にコンテンツの衰退を示唆していると思える。

本、音楽、映像、ソフトウェア、ハードウェア・・・デジタルではなく、アナログが基本となっているのは確かで、ガチガチに固められた法律で本当に良いコンテンツが生まれるかどうかは疑問を感じざるを得ない。

完全にオリジナルなものを創作するのは、余程の天才でない限り無理なところで、何かしら影響を得て既存のコンテンツからより良いモノが出来ていくのが道理であると考える。

一社独占で行なってきたB-CAS同様に、最終的に悪循環を起こす可能性が予想できる。

目先のことだけに囚われた、誰が決めたのかもわからないレールの上で生きていくのは、誰しも面白いとは考えないだろう…という事で、真実を有耶無耶にされないように多方面からの考えを詳細に残しておくのが大切だと伝えたくて駄文を書いてみました。

広告を非表示にする